冬のアロマセラピー:「水」の元素の精油

Winter Aromatherapy

~ 寒い冬の季節のアロマセラピー使用法を考えてみませんか? ~

 

昨年、私は伝統的な中医学とアロマセラピーに関する新しい2つの記事として「晩夏」と「秋」の精油を発表しました。その記事のなかで伝統的な中医学の基礎となる5元素の理論を簡潔に説明しました。冬の季節のアロマセラピーを説明する前に、5元素について軽くおさらいします。

 

伝統的な中医学における5元素とは、あらゆる事象を陰から陽のエネルギーに変換して、再び戻すという五行説の思想に基づいています。陰と陽のエネルギーは、お互いに共生しながら、すべての事象を担う根源的な力として、一方から他方へと絶え間なく行き来し、私たちの健康を含めたあらゆる事象を創造(相乗・相生※)し、破壊(相殺、相克※)します。このエネルギー変換の過程は、人間の出生、成長、死までの一巡や季節の変化など、私たちの周囲に見られるサイクルのすべてに反映されています。

 

中医学は、春、夏、晩夏、秋、冬の5つの季節を通じて捉えられています。それぞれの季節は、特定の元素・身体器官・感情、そして下記で説明しているその他の要因に関連しています。この伝統的な思想では、それぞれの季節は私たちの精神と霊性の健康に起こりうる特有のテーマを示しています。季節的なテーマが理解出来ると、年間を通して健康を維持するのに役立ちます。

 

北半球にいる私たちは、現在冬の季節を迎えています。

 

この時期は、私たちの暑くて明るい、行動的な陽のエネルギーが最も低くなり、冷たくて暗い、受動的な陰のエネルギーが最も高くなっています。冬は寒く、暗く、自然界にある物はまだ凍っています。植物は成長を止めて、土中の根にエネルギーを蓄えながら休んでいます。一部の動物たちも悪天候や食糧不足などの厳しい状況を避けるために冬眠し、植物と同じように過ごしています。

 

中医学では、冬は十分な休息を取り、温かい食べ物を摂る時期だと考えられています。こうした養生は、私たちが一年のなかで枯渇したエネルギーを補充し、貯蔵するのを助けます。再び春が訪れ、新しいサイクルが始まる時に、このエネルギーを取り出します。また、冬は熟考の季節として、私たちの周囲に渦巻いている生活上の事から少しだけ距離を置き、孤独の時間のなかで心の内面を奥深く探求する時でもあります。

 

冬に関連する元素は「水」です。

 

水の元素の臓器は、腎臓・副腎と膀胱です。冬の寒い時期は、泌尿器系と身体の水分調整のバランスが崩れやすくなります。特に、季節と調和した生活をしていない場合には免疫系や内分泌系の機能低下、骨や歯のトラブルが起こる可能性が高くなります。

 

水の元素に関連する中心となる感情は恐怖であり、特に今の時期におけるエネルギー相はZhi(志※)として、生き延びる意志と明け渡す能力の両面を表わしています。志は、私たちに勇気をもたらし、叡智を養うエネルギー相です。冬の時期に起きやすい精神面のトラブルには、過度の恐怖と不安、意志の力の弱まり、自信の低下などが多く見られます。傲慢で挑戦的な態度は、その人のなかに潜在する恐れや自信の低下への防衛として発生している可能性があります。

 

各元素に対応する季節は特定の症状に関連付けられています。同じように各元素に属する特定の精油やハーブは、それらのバランス維持や回復に関連付けられています。

 

下記の精油は、古典的な中医学の思想によるアロマセラピー実践者たちによって、水の元素に属するとされるものです。

 

 

下記は、その他の元素ですが冬に役立つと考えられている精油です。

 

 

冬の季節に移行する緩やかな時間のなかで、たくさん休息し、自分自身の内面と向き合うべく、より多くの時間を取りましょう。昔の人たちは、冬は活発に動ける他の季節に比べ、気晴らしをする機会が少ないので「心の深い部分」を見るのに良い時期だとされていました。さらに、もし、あなたが若く健康であったとしても、冬は温かい服装でないと身体の貴重なエネルギーを消費してしまうので、必ず暖かく保ち、寒気を避けてください。食べ物だけでなく、あなたが付き合う仲間、その他にもあなた自身が受ける周囲からのいろんな影響があなたの身体、精神、心の栄養状態に関わっています。私たちは激動の時代に生きており、国の歴史においても分裂期を迎えています。今こそ、そこから離れ、争いから解放され、あなたの大切なことをより深く認識し、あなた自身の感情と霊性に対して必要なことを考え直すのに良い時期です。これらの事を今すぐに行えば、来年の健康を維持する優れた基礎となります。

次の記事では、春の季節に役立つ中医学と精油について説明します。

 

記事監修:ジョーイ・パワー医師(2019年2月1日)

翻訳監修:堀弘明・堀浩子

 

■講師からの補足

※相乗と相殺・相克とは、5元素がそれぞれの性質を助け合う(相乗・相生)ものと、それぞれの性質を打ち消し合う(相殺・相克)ものとして、中医学の基本となる考え方です。

※中医学では長い歴史の臨床経験をもとに、人間の身体を、肝・心・脾・肺・腎の五臓として捉えてきました。五臓に対応する「五神」では、下記のように関連づけられています。神は魂、魄、意、志を総括したもので、神の作用で魂が生まれ、精の作用で魄(気力)が生まれます。思うところを意と言い、意のあるところを志と言います。

心は神(しん)を蔵す。

肺は魄(はく)を蔵す。

肝は魂(こん)を蔵す。

脾は意(い)を蔵す。

腎は志(し)を蔵す。

 

出典:「素問 宣明五気論」

   「図説 東洋医学」学研